農相「JRAは厳正な対応を」持続化給付金の不正受給疑惑、複数の税理士が関与か/競馬・レース/デイリースポーツ online

🐲 調教助手らの受給には、複数の税理士が関与し、そのうち大阪市の男性税理士は受給額の7~10%の手数料を受け取っていたことが分かっている。 *** 例えば共同通信は2月25日、「スポニチ記者が給付申請を勧誘 調教助手ら10人以上か」との記事を配信した(末尾:註1)。 厩務員は副業が認められている厩舎も多く、仮に競馬開催における収入に影響がなくとも、副業で影響を受けたスタッフもいるはずだ。

10
受給者はオンラインでの申請時に要件を満たしていると宣誓しており「宣誓違反は詐欺罪に問われる可能性もある」とした。 むしろ業界では知名度の高い人物だ。

不正受給疑惑にJRA乗り出す 騎手、調教師も調査|極ウマ・プレミアム

🤘 また、この件には複数の税理士が関わっているとみられ、仲介者を通じて熱心な勧誘が行われていたことが分かった。 だが、JRAに所属する調教助手、厩務員は厩舎を構える調教師と雇用関係を結んでおり給与を受け取っている。 だが、こんなワル知恵は、簡単には浮かばない。

17
仮に不正だと判断された場合、持続化給付金の返還は当然ですが、その上となると厳重注意が最も考えられる処罰。

JRA=日本中央競馬会 調教助手らがコロナ対策 持続化給付金を不正受給か 指南の税理士法人会長「何もわからない」

🤚 税理士は取材に「受給要件を満たすことを確認している」と書面で回答。

5
ABCテレビは17日朝、この税理士法人の会長を取材しました。

給付金不正受給疑惑 JRAが調教師、騎手も調査

😎 立憲民主党の後藤祐一氏への答弁。 調教助手らは、担当馬の成績に応じて得られる報酬(進上金)が新型コロナの影響で減ったとして受給していたことが問題視されているが、初回で「適正な受給だった」と回答した人には進上金減を理由にしていないかも尋ねた。

6
話を持ちかけたのは馬主でもある男性税理士側です。 事件は茨城県美浦村と滋賀県栗東市にあるJRAトレーニングセンターで働く調教助手や厩務員らが、レースの獲得賞金に応じて得られる報酬が新型コロナの影響で減少したとして、国の持続化給付金を不正に申請し受け取った疑い。

実名回答で受給理由調査 持続化給付金の不正受給疑惑で日本調教師会/競馬・レース/デイリースポーツ online

😭 税理士の公式サイトは、事業の1つとして《競馬関係者サポート》を謳う。 一律に有無を決し得るものではない」と主張している。

ビラで勧誘 日本中央競馬会(JRA)の調教助手らが、新型コロナ対策である国の持続化給付金を不正受給したとされる問題は、依然としてマスコミ各社によって続報が配信されている。

JRA=日本中央競馬会 調教助手らがコロナ対策 持続化給付金を不正受給か 指南の税理士法人会長「何もわからない」

🤔 日本調教師会関係者は、調査開始当初「競馬ファンや世間の理解を得られるよう完璧な調査を目指す」と強調していた。 日本調教師会は「中央競馬の中止はなく、新型コロナによる影響はほぼ皆無」としているが、同税理士は「影響は直接・間接を問わず広範に生じ得る。 日本中央競馬会(JRA)の調教助手や厩務(きゅうむ)員が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、申請や受給を認めた調教助手らに日本調教師会が再びアンケート用紙を配り、申請の経緯を尋ねる追加調査を始めたことが26日、競馬関係者への取材で分かった。

15
今回の持続化給付金の集団不正受給疑惑につながったのは、この進上金の変動を利用したものと考えられている。

実名回答で受給理由調査 持続化給付金の不正受給疑惑で日本調教師会/競馬・レース/デイリースポーツ online

😝 馬主の連続インタビューで、記事では《福永さんや和田さんでG1勝ちたい》との抱負が見出しに使われた。 その代わりに、申請書には受給要件を満たしていることを宣誓する欄を設けている。 例えば、この男性税理士は2019年7月、サンケイスポーツの連載企画「オーナー直撃」の第1回に登場した。

4
関係者によると、調教助手らへの調査では、美浦約20人、栗東約110人の計130人以上が「受給した」と回答したことが分かっている。